群馬県/フランス美大留学予備校・芸大受験・美大受験・子どもから社会人の為の美術学校・画廊/すいらん





吉澤 彩 

Yosizawa Aya

伊勢崎清明高校 現役

●群馬大学 教育学部 美術専攻 合格 合格

私はすいらんの入試直前講習会に三単位参加しました。すいらんでは入試の内容に合わせて木炭デッサンを習いました。私の通っていた高校では木炭デッサンをしている人がほとんどいなかったため、他の人と同じ空間でデッサンをするという本番と似た空気を感じることができ、よかったです。また、すいらんでは複数の先生に見てもらったり、今までの入試の傾向を聞けたりと、高校で美術の先生に教わるだけではできないことができました。今、大学に無事合格することができ、素描、彩画、彫刻、デザイン、工芸など、様々なことを経験することができて、とても充実した大学生活を送っています。ぎりぎりまであきらめずに頑張ってよかったです。



野坂ふく美 

Nosaka Fukumi

東京農大二高 現役

●多摩美術大学 美術学部 絵画学科日本画専攻  合格
●武蔵野美術大学 造形学部 日本画学科 合格


小さい頃から絵を描くのが大好きで、絵を描く仕事に携わりたいと思っていました。そんな自分がすいらんに通い始めたのは中学二年生の頃です。そんな時に美大受験の存在を初めて知りました。初めはただ手を動かしていただけでしたが、しっかりと考え始めるようになったのは高3の頃でした。今考えると遅かったな・・・っと思います。自分が大きな間違えをしていること、作品としっかり向き合えていなかったこと、何も考えられていなかったこと、とにかく色んな事に気付かされました。気付いたからには次の作品につなげなくては!と思い作品と向き合っていきましたが、上手くいかなっかたり、失敗したりすることも沢山ありました。それでも諦めないでやり抜こうと決めていたのでその積み重ねが結果に出てくれたと思います。自分がここまでこれたのは講師の方々のおかげです。今となっても自分にとって大きな存在です。

田代 桃子 

Tasiro Momoko

前橋南高校 現役

●多摩美術大学 美術学部  絵画学科版画専攻 合格
●女子美術大学 芸術学部 美術学科 洋画専攻 合格


美大を受験する際には、ただ手を動かすだけではなく、頭も使って絵を描くことが大切になります。受験日まで丸一年の日数があるとしても、「時間が解決してくれる」「なんとかなるだろう」と思っていると全然自分の作品は上達していきません。毎時間、作品ごとに自分の長所・短所を見極めて試行錯誤をする必要があります。そして、志望校に合格するためにどのような努力を自分がするべきなのかも考えましょう。本番まで焦ったり、自信がなくなることもありますが、どうしようもないのでとにかく準備をしっかりとして、悔いの残らないようにして下さい。

山崎 涼太 

Yamazaki Ryouta

共愛学園高校 一浪

●多摩美術大学 美術学部 統合デザイン学科 合格


すいらんには現役、浪人と2年間お世話になりました。すいらんの授業は分かりやすくて面白い。カリキュラムは丁度良い進度のものだった。講師の先生方はとても熱心に授業をしてくれて生徒一人ひとりに対して親身になって対応してくれたことが良かったです。授業は比較的少人数で、講師との距離が近くて質問しやすかった為生徒をサポートするシステムが素晴らしかったです。不器用で課題をうまくこなせなかった自分を最後まで見捨てずに指導してくださって本当にありがたかったです。同じ志望(目的)の仲間と一緒の教室で授業を受けることで、自然と連帯感が生まれ、良い刺激になりました。好きなことをする上での才能の有る無しは一切関係ないと思っています。才能がなくたって好きなことなら努力もするし、時間を忘れてしまうほど集中しますし、おなかがすいているのも忘れてしまいます。美大受験は大変ですが自分がやってきたことが合格に繋がると思います。受験もあるけど、とにかく楽しく絵を描くことを先に。好きな事を楽しむ。すいらんはそれに適している場所だと思います。

関根 彩

Sekine Aya

伊勢崎高校 現役

●東京造形大学造形学部 デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻領域 合格
●女子美術大学 芸術学部 デザイン・工芸学科 工芸専攻  合格


私がすいらんに通いはじめて間もないころはただ漠然と美大に行きたいという気持ちしかありませんでした。しかし、手探りで作品をつくっていくうちに自分がこうしたい、という確かビジョンが見えてきました。すいらんで学んだことは、ただ受験のために描くということだけではなく、自分の作品をつくるということでした。同じ目標を志す仲間から得られた刺激は強く学校では得られないものです。受験が終わった今、ほっとすると同時にすいらんにはとても感謝しています。

野澤 かれん

Nozawa Karen

高経大附属高校 現役

●東京造形大学 造形学部 デザイン学科 テキスタイルデザイン専攻領域 合格
●東京工芸大学 芸術学部 アニメーション学科 合格


私がすいらんに通い始めたのは高3の10月半ば辺りだったと思います。元々アニメーションが好きだった私は、アニメーションを学べる大学への進学を志していました。第一志望は東京造形大学のアニメーション専攻でした。すいらんでは、志望校の一般試験を突破するための「英語」と「デッサン」を学びました。特にデッサンは、自分のためのカリキュラムを組めるので、苦手なところを潰し、得意なところを伸ばすことができました。また、静かで冬でも暖かいアトリエで集中して取り組むことができました。受験本番では、すいらんで学んだことを生かし、迷うことなく取り組むことができました。また、英語とデッサンで受けた別大学にも無事合格することができました。
受験は自分との戦いとよく言われますが、本当にその通りだと気付くことができました。受験生の皆さん、ぜひ自分と戦って合格を手にしてください!


>>>>以前の体験談